~おやつ作り交流会~

先日、エンカルナシオン地区にて日本語学校の生徒と老人クラブ「あけぼの会」との交流会が開催されました。今年は日本人がパラグアイに移住してから80周年という節目の年を迎えることから、移住当時のお話と当時多くの家庭で作られていたマンディオカ芋を使ったおやつ作りを行いました。


まずは生徒とあけぼの会メンバーの自己紹介から始まり、グループに分かれてお話をしてもらいました。何歳でパラグアイに来たか、パラグアイの印象は、どのような生活をしていたか、一番大変だったことは何か、など。また、話し手さんが持ってきた当時の写真を見せると興味深くじっくり見入る生徒もいました。そんなこんなであっという間に予定時間がきたために、お話会は終了。まだまだ話したい、もっと聞きたい、という余韻を残しながら次はおやつ作りです。今日のメニューは「マンディオカ団子」。まずはゆで上がったマンディオカをみんなでつぶしていきます。さらに粘りを出すためにモルテーロを使いました。あけぼの会の方が「こんな風にしてするんだよ」と教えると、生徒たちもみな順番につぶしていきます。みんなでモルテーロを囲みながら、「よーいしょ、よーいしょ!」と自然に掛け声が聞こえてきます。まるで餅つきのようです。


しっかりとつぶしたら、味付けをして丸めます。生徒の大半は男の子でしたが、みんなとっても上手に丸めていきます。「家でお母さんの手伝いをしているの?」の問いに、はみかみながら首を横にかしげている子がほとんどでしたが、本当にいい手つきをしていました。その後も着々と手順をすすめていき…、ついに完成!

揚げ焼きとあんこ入り、2種類の団子を作りましたが、初めて食べるマンディオカ団子のお味はいかに!?生徒たち:「おいしーい!」あけぼの会の皆さん:「いや~なつかしいねぇ」と。移住当時の暮らしに思いを巡らせながら私もパクリ。素朴な味で、なんだか懐かしい気持ちになりました。そしてもう一つ、おまけのおやつとしてサトウキビをかじってもらいました。これもまた「おいしい!」と好評。生徒たちは砂糖の原料ってことは知ってるけど、どんな風にして砂糖になるのか、みんな興味津々!いちご会ボランティアの説明を真剣な表情で聞いていました。

今回の交流会にはこんなねらいがありました。「おやつ作りという共同作業を通して、子どもたちと高齢者との世代間交流を図ること」と「移住当時の話を聞くことやおやつ作りを通して当時の生活の様子を学び、日本人としての気質や日系社会の理解につなげること」です。これから何年、何十年たっても変わらずに受け継いでほしいことの一つではないでしょうか。そして、私自身にとっていい勉強の機会をいただきました。

最後になりますが、ご協力をいただいた皆様へこの場をお借りしてお礼申し上げます。どうもありがとうございました。

日系社会青年ボランティア 渡會 あい

Joomla Templates and Joomla Extensions by JoomlaVision.Com

高齢者福祉事業

~デイサービスらぱちょ~

ラパス地区では、月に2回、第2・第3水曜日に10:00~16:00(昼食付き)デイサービスを開催しています。会場は機能回復訓練センターにて。参加者は平均して10名程です。それでは、早速ではありますがデイサービスらぱちょの1日のスケジュールを簡単に紹介したいと思います。


※到着次第、病院にて血圧測定を行う。

10:00~ 始まりの挨拶、皆でラジオ体操

10:15~ レクリエーション①

11:00~ 口腔体操、昼食前の準備

11:30~ 昼食

12:00~ 休憩(昼寝やおしゃべりなど自由時間)

13:00~ (場合によってレク①の続き)

14:00~ レクリエーション②

15:00~ おやつ

15:45~ 本日の歌(皆で合唱)

16:00~ 終わりの挨拶、お見送り


午前中のレクリエーションでは主に手先を使ったこと(折り紙や塗り絵など)を、午後からのレクリエーションでは体を使ったこと(ボーリングなど)を行っています。

ここで注目すべきは、お昼ご飯!福祉ボランティアさん達がデイサービス会場で毎回食事を作っています。献立は日本食、野菜が中心で高齢者向けに食べやすく工夫されています。これがまた本当に美味しいこと…!真心がたっぷり込められているのでしょうね。

そして、参加者の皆さんの口からよくこんな言葉が聞こえてきます。「ここに来るのが本当に楽しみ。」「毎週でも来たいくらい。」こんな風に感じてもらえたら嬉しいものですね。これこそが、ボランティア冥利に尽きるのではないでしょうか。

 

 

日系社会青年ボランティア

渡會 あい

Joomla Templates and Joomla Extensions by JoomlaVision.Com

高齢者福祉事業

日本文化の普及

嶌原まさ子 JICA日系社会シニアボランティア

 

はじめまして 嶌原まさ子と申します。

日本文化のJICA短期シニアボランティアとして2016年4月に赴任し、12月まで9か月間滞在いたします。

日本標準語と大阪弁を話せるバイリンガルですが、パラグアイ派遣は、これにスペイン語とグアラニー語を加えられるのではとワクワクしています。日本では神戸の大学でイベント企画の講座をもつ傍ら、南米出身の日系人家庭の子弟の生活をサポートしていました。また、日本舞踊の指導、ミュージカルの演出なども手掛けました。

今年は移住80周年記念の日本祭り大イベントが計画中とのことで、この経験が成功の一助となれることを望んでいます。

パラグアイ各地の日系社会では、生け花・書道・日本舞踊・アニメなど様々な日本文化活動に取り組まれているとお聞きしています。私は 日本舞踊のほかに、華道・茶道・短歌・川柳・書道などを日本で学んできました。この国でそれを活かすことができる機会を得て、本当にうれしいです。

中でも一番好きなのは「踊り」です。2007年から2009年の2年間ブラジル各地でよさこいソーランの指導を担当し、ブラジルよさこいソーラン大会が、多くの質の高いグループの参加で大きなイベントに育ってゆくのを目の当たりにしました。当地でも多くのよさこいソーラングループが存在していると知り、見応え、踊りごたえのある踊り方をご紹介できればと楽しみにしています。

また、先日福祉センターのクラブにおじゃまして、皆様に日舞体操をご紹介し、一緒に楽しんでまいりました。たくさんの明るく素敵な方々とご一緒でき、皆様の健康で迫力のある動きに踊りのセンスを感じました。

盆踊りも各地で盛大に催されているとお聞きしています。日本では、そろいの浴衣で盆踊りに参加し、きれいで新しい振付の踊り方で観客の憧れの的になるグループが、夏の盆踊りシーズンのために一年中練習しています。日本祭りでもそんなグループがたくさん出ることを期待しています。

連合会にご連絡いただければ、楽しい踊りをご紹介します。

Joomla Templates and Joomla Extensions by JoomlaVision.Com

連合会

2016年1月6日~1月29日の日程で以下4名の学生が日系社会次世代育成研修に参加しました。

以下に、感想文を添付いたします。←文字をクリックしてください。

 

Joomla Templates and Joomla Extensions by JoomlaVision.Com

日系人教育

移住80周年記念誌編纂

佐藤 葉

自己紹介に換えて

大学で中世日本文学を専攻。企業の事務職、雑誌社で編集記者、のちフリーランスで雑誌を中心に新聞、単行本の記者。アマチュア記者養成講座、記事添削指導、随筆指導。著書・共著6、7冊あり。60歳過ぎて一念発起、日本語教師の資格に挑戦、日本語教師を始めた。好きなこと:本を読むこと。音楽は幅広く聴く。合気道はいつの間にやら20年になった。能の仕舞は残念ながら半年、1曲だけ。

さて。「出身は?」「はい、日本です」 こう答えると、たいていの人はどう返したものやらと、一瞬戸惑うようだ。私はからかってなぞいない。埼玉県大宮市で生まれ、5歳のときに東京へ。東京に5年、長野市に1年半、福岡県門司市(北九州市へ移行時)に2年半、香川県高松市に1年半、そして東京に戻った。当時は、日本の東と西では文化の違いが大きかった。たとえば、西の人は納豆を食べない、豚肉より牛肉、など。

このように各地で育つと、出身をどこと答えたらいいのかわからなくなってくる。

その後も横浜市に4年、アメリカのロサンゼルスに3年、また横浜市で25年あまり過ごし、そろそろ老いじたくを始めようとしたら、定年退職した夫が東京は人が多いから住みたくない(我が家は横浜市です。市民320万人では都会だけど)、暑いのも嫌、というわけで、長野県の諏訪市から八ヶ岳へ登った標高1300mの森の中で、夏は扇風機もいらない代わりに冬は雪と氷の中で冬ごもりをしている。その後も、私はボリビアに1年7ヵ月住み、今またパラグアイというわけである。夫ですか? 猫2匹と留守番である。猫の世話が大変だそうな。

閑話休題。「出身地」である。パラグアイへ来て、「出身は?」「ピラポです」「イグアスです」という日系人どうしの会話を小耳にはさんだとき、はて、と何かがひらめいた。(以下、勝手な解釈です。お許しください)。移住地を言うときに、その人の背景=移住した当時の両親や祖父母の苦労、それにその地の人々が創った文化などが浮かび上がるのではないか? それらはつまり、その人が負っている歴史、あるいはその歴史がその人を形作ってきており、その背景によってその人への理解が感覚的に捉えられるのではないか、と。このように考えると、日本国内でも発せられる「出身は?」の問いも、各地が持つ文化、歴史が浮かび、その人の背景が感じられ、理解しやすい気持ちになるのだろう。あるいは、共感か。

夫の本家である山口県の村の人たちは、私に「大宮市? 田舎じゃのう」と返した。1日に数本しかない列車の駅を降り、ものの10分も歩くと海に突き当たるような、私から見ると壮大な田舎なのだが、萩市の文化圏という意識があるのかもしれない。萩市は明治維新の志士たちを、また山口県は総理大臣を排出している。村の人々の誇りでもあるようだ。大宮市は東京(都会)に近いから生活は都会的だと思っていたのだが、私が生まれたころは、壮大でない田舎だった。いずれにせよ、五十歩百歩、という気もするが。

Joomla Templates and Joomla Extensions by JoomlaVision.Com

連合会

翻訳無効

2016年日系研修フォローアップ

2月27日から3月7日までの日程で、JICA北陸・石川県看護大学・羽咋市社会福祉協議会の方々が、パラグアイ日系社会の高齢者福祉に関わる現状を視察し、日系研修修了生および日系社会全体の高齢者福祉活動の促進を支援するために来パされました。

各地区での意見交換会と、3カ所でのワークショップが開催されました。

*ワークショップ講義資料はタイトルをクリックするとダウンロードできます。

講義資料:①ワークショップ導入と日系研修の紹介

講義資料:②羽咋市社会福祉協議会について

講義資料:③認知症ってなあに?

講義資料:④地域における認知症予防

講義資料:⑤レクリエーション実践

 

Joomla Templates and Joomla Extensions by JoomlaVision.Com

高齢者福祉事業

テーマ: お年寄りひとりひとりを考える

講師: 岩崎由紀子JICAシニアボランティア、渡曾あいJICA青年ボランティア

 

講義資料① お年寄りひとりひとりを考える

講義資料② 肩こり予防体操(みかんの花咲く丘)

講義資料③ かみなりゲーム

 

Joomla Templates and Joomla Extensions by JoomlaVision.Com

高齢者福祉事業

さらに記事を読む...

1 / 16 ページ

最初
1