デイサービスふじ 活動紹介

 

ラ・コルメナでは、月一回、第一日曜日の9:00~11:00までの3時間、デイサービスを行っています。利用者の方々は一回の参加者が6名から9名程度です。

現在のデイサービスは、

1.体重、体脂肪率、血圧、脈拍のチェック

2.担当ボランティアのあいさつ、当日の予定発表

3.歌(毎回2曲ほど利用者の方に歌のファイルから選んでいただく)

4.体操(現在は転倒予防体操を行なっている)

5.レクレーション(その月の担当ボランティアがレクレーションの内容を考える。内容としては、工作や手芸、ゲーム、音楽からその当時の歴史や想い出を話したりする音楽活動など)

6.嚥下体操

7.おやつ

の流れで行っています。

昨年度から日本語学校の児童・生徒との交流に力を入れ始めました。

昨年8月に行われたラ・コルメナ家族慰安大運動会では、デイサービス利用者を含

め、高齢者が学校生徒と一緒に参加できる競技を新たに作りました。今後も継続する予定です。

また、福祉部の活動の一つとして、高齢者と生徒が一緒に学校の畑でささげ作りをしました。畑を作るところから関わってもらいましたが、2回目の交流を企画した日は残念ながら雨になってしまったので、ささげの種を植えて収穫までの流れを絵を使って説明してもらいました。子供たちからはたくさんの質問が出て、それに丁寧に答えてもらいました。

今年度は日本語学校生徒との交流をさらに深める活動を行なう予定です。

第一弾として7月8日に七夕祭を学校・デイサービス合同で行いました。利用者の皆さんと、学校生徒がそれぞれお願い事を発表し合ったり、利用者の方々の短冊を生徒が笹につけたり、七夕の歌を歌ったり、一緒におやつを食べたりと、楽しい時間を過ごすことが出来たと思います。学校生徒たちは、自分の担当のおばあちゃんを最後まで気遣って見守ってあげることが出来たのでしょうか…また生徒たちの話を聞いて、日本語学校と一緒により良い交流の場を作っていきたいと考えています。

まだまだ移住地内で活動内容などよく知られていないと感じます。利用対象の高齢者の方々だけではなく、広く活動を知っていただくため、「デイサービス新聞」を今年度6月より発行し、文協会員の各家庭に配布するようにしました。

デイサービス利用者の方々も、我々ボランティアも共に心地よく時間を過ごせ、そして介護予防に繋がるデイサービスになればと思っています。

(ラ・コルメナ デイサービスふじボランティア 金澤克江)

Joomla Templates and Joomla Extensions by JoomlaVision.Com