チャベス中央日本語学校

1.代表・教職員

氏 名 担 当学 年
黒澤 徳美 校長、小6
堀川 由紀子 小2、中学
上野 ゆかり 日本語クラス
宮崎 沙由里 小5
善村 真理 小4
井沢 美幸 日本語Aクラス
善村 美和 コンピューター

2.住所・電話番号

  • 住所:Asociacion Japonesa de Federico Chavez Cap. Miranda Calle D5 Federico Chavez
  • 郵便あて先:Escuela Japonesa de Federico Chavez, Casilla de Correo No.6, Encarnacion, Paraguay
  • 電話:(0873)570-020 (チャベス日本人会)
  • FAX:(0873)570-020、(0985)717-938 (チャベス日本人会)

3.運営団体

チャベス日本人会

会   長  善村 エミリオ

教育委員長 松宮 アンヘル

委   員  上野 勉

4.学校の沿革

1955 D線2号柴崎由和治氏の倉庫にて、栄日本語学校が開校。
1957 E線3号に栄・旭地区合併校を建設し開校。
D線5号中央地区に日本語学校が出来てから旭日本語学校となり、その後中央地区に統合する。このころ三校あり。
1959 ~1968 中央地区に移転。(西語校を使用)
1969 チャベス中央日本語学校と改称。
1974 大和、旭校が中央校と合併し、一校になる。
1990 児童(二世)の世代がいなくなり、休校。
1993 新入生(三世)の入学で再開。
1994 幼稚園開園。
2001 パソコン教室増築。
2002 パソコン教室開設。

5.教育目標・教育方針

  • 教育目標:外国語としての日本語教育を通じて、正しい日常会話および常用の読み書きができ豊かな人間性を身につける。
  • 教育方針:日系パラグアイ人としての自覚を持ち、パラグアイ・日本両国の文化を理解し、日本語とスペイン語を駆使して、将来国際人として通用する人材を育て上げる。

6.年間の主たる行事

  • 父母会 ・校内スピーチコンテスト
  • 子供の日 ・学習発表会・敬老会
  • 運動会 ・遠足

7.地域や家庭の様子

児童生徒の家庭の職業は農業が大半を占めています。

8.児童・生徒数

児童・生徒数

 

A・Bクラスは、ハーフや非日系の児童生徒を対象とした習熟度別の日本語のクラス。

Joomla Templates and Joomla Extensions by JoomlaVision.Com