アマンバイ日本語学校

1.代表・教職員

校長 古賀 公

氏 名 担 当 学 年
古賀 公 校長、中1、中2、中3
秋山 碧 小3、小5、小6
三浦 エリカ 小1
西本 美和 幼稚園年長、小2
土橋 祥子 小4
柳原 夕紀 幼稚園年中
豊倉 麗子(JICA日系社会青年ボランティア)

小4

 

 

2.住所・電話番号

  • 住所:General Bruguez No.1563. Pedro Juan Caballero, Amambay, Paraguay
  • 郵便あて先:(パラグアイ国外より) C.X. 128 CEP79900-000 M.S. Ponta Pora, BRASIL                                          (パラグアイ国内より) Casilla de Correo No.17 P.J.C. Amambay, Paraguay
  • 電話:(036)73821(アマンバイ日本語学校)
  • FAX:(036)72529(アマンバイ日本人会)

 

 

3.運営団体

アマンバイ日本人会

会   長   原本 功

教育委員長  白川 義和

教育委員   竹下 明、家久 譲治

 

 

4.学校の沿革

1956年  第1次入植後、第8次入植迄に3地区に日本語学校開校。

1959年  第1耕地内にて3校を統合した日本語学校開校。

1961年  コーヒー会社倒産後、サンハプタン・チリグェロ校開校。

1971年  アマンバイ中央校落成。開校。

1976年  3校統合し、アマンバイ日本語学校として開校

1986年  新校舎落成

1993年  古賀記念講堂落成

1997年  職員室・トイレ落成

2004年  図書室改装

 

 

5.教育目標

日本語による会話、および読み書きができ、日系人である自覚と教養を身につける。

①明るく元気で最後までやりぬく子を育てる。

②日本語がよく理解できる子を育てる。

③日系人としての自覚、誇りを持つ子を育てる。

 

 

6.特色ある教育活動

各種研修活動の充実に加え、 毎日の「昼礼」を行い、ラジオ体操、講話、両国旗掲揚、校歌斉唱を行っています。

また、全日制で規律ある授業計画で進めています。

 

 

7.年間の主たる行事

・遠足 ・学芸会

・授業参観 ・校内スピーチコンテスト

・子どもの日お祝い ・運動会

・家庭訪問

 

 

8.地域や家庭の様子

道路を隔ててブラジル国境と接しているため、両国の往来は自由で、ブラジルからも多くの生徒が通学し、多くの生徒はスペイン語、ポルトガル語、日本語を共に話しています。また、生徒の家庭は、6割強が商業経営者となっています。

 

 

9.児童・生徒数

●児童・生徒数

区分 幼稚 小1 小2 小3 小4 小5 小6 中1 中2 中3
日系 5 2 6 6 2 1 6 4 4 2 38
ハーフ 6 9 7 5 4 4 2 2 0 2 41
非日系 0 0 0 0 1 0 0 2 1 2 4
11 11 13 11 7 5 8 6 5 6

83

 

 

10.校歌

作 詞:  古賀 公       作  曲:  前島 和行

 

一、       緑多き 我が大地 美しきかな アマンバイ

おはようの 言葉に おはようが 返る

学ぶは 我ら アマンバイ日本語学校

いざ進まん 明日に 向かって

二、       繁栄築く 国境の 隣の町は ポンタポラン

こんにちはの 声に こんにちはが 返る

集うは 我ら アマンバイ日本語学校

いざ歌わん 希望に 燃えて

三、       遥かに 望む 英雄の 眠りし 彼の地 セロコーラ

さよならの叫びに さよならが 返る

語るは 我ら アマンバイ日本語学校

いざ励まん 真理を 求めて

Joomla Templates and Joomla Extensions by JoomlaVision.Com